PROFILE

長戸勝彦.png

長戸勝彦

​(ながと かつひこ)

16歳の時に役者になりたいという気持ちを抑えきれず、俳優養成所のオーディションを親に黙って四国の松山から東京まで受けに来た。
合格通知が届いたその日に親を説得。東京に行くために高校を自ら退学。アルバイトで稼いだ8万円とボストンバッグ一つだけで、17歳の時に一人で上京した。
その後、20歳の時に東由多加率いる東京キッドブラザースのオーディションを受け合格。入団後すぐに頭角を現し、当時劇団の看板俳優であった柴田恭兵とダブルキャストで主演。1年目としては劇団的にも異例の抜擢であった。その後、退団までの12年間、東京キッドブラザースの作品で主演を務め続けてきた。
1989年、萩本欽一のバラエティー番組にレギュラーで出演し、番組内でJA-JAという二人組のユニットを結成。4枚のシングルと2枚のアルバムをリリース。デビューシングル「瞳を閉じてごらん」がオリコン初登場17位、ミュージックリサーチ11位を記録。
ミュージックステーション、トップテン等の歌番組やバラエティー番組にも多数出演。
現在は、役者・ナレーター・作家・演出・プロデューサーとして多岐にわたり活動中。